短期借入金と長期借入金の借入先について

キャッシングベスト3

短期借入金と長期借入金で借り入れする場所が違うの?

短期借入金と長期借入金の違いというのはなんとなく文字で分かるんですけれども、短期借入金と長期借入金は借り入れするところが違ったりするんでしょうか。カードローンで使うものと銀行融資で使うもの、みたいな感じです。

そういった借入先の違いっていうのはどうなっているんでしょうか。

借入先の違いは短期借入金と長期借入金では特にない

もともとが経理の世界で使われている言葉の一つが短期借入金と長期借入金ですけれども、どちらが銀行融資でどちらがカードローンなどというような違いは特に分けられていません。両方共に技能から融資を受けたお金を使っているという時もあれば、両方共に消費者金融から借り入れたお金を使ってるという時もあります。

短期借入金は日常の行動のために使うお金であるとされています。例えば仕入れ、後は月々の電気代であるとか水道代、事務所家賃などに当てられるようです。こういった月々にかかるようなお金を短期借入金で使うので、たいていはカードローンのような簡単に借入ができる気軽な借金を使う場合が多いです。

長期借入金は分割払いにして返済しないと買えないようなもの、例えば建物であるとか機械であるとかを購入する時に使われるとされています。いわゆる割賦販売というものと似ているのですが、この時に数年にわたって償却していくために長期借入金を使うので銀行の融資など長年にわたって契約できるものが使われやすいのです。

一応はこのように銀行と消費者金融等というような傾向はあるのですが、必ずしもそうとは限りません。銀行から借り入れができない場合は消費者金融から長期借入金を借りて使うということもありますし、信用の大きな人は金利が低いと銀行融資をどちらにも当てていくということもしたりするものです。借り入れする先というのは特に分けているわけではないということです。

このような短期借入金と長期借入金の違いというのは個人には関係ないので、経理関係者だけがわかっていればいいでしょう。経理関係者は借入先がどこかなどは気にせずに、ちゃんと使い道によって記帳するようにしましょう。

カードローンは短期借入金でも長期借入金でも可能

カードローンなら短期借入金でも長期借入金でも借りることが可能なので、自分にとって最適な借入プランを持つことができます。短期借入金か長期借入金を選ぶには限度額の金額が重要なポイントになってきます。カードローンは基本的に申込者の返済能力に応じて限度額が決まるようになっているので、年収が高いなど返済能力が高い人ほど長期借入に向けての限度額を持ちやすいことが言えます。

カードローンにおいて短期か長期かというのは限度額だけで決まるのではなく、利用者の返済プランによっても変わってくるものです。借入金額が小額だと基本的にはすぐに完済しやすいですが、収入状況が厳しい時は小額の借入でも長期返済をしなければならないことがあります。カードローンはその点、借りる金額に応じて自分で好きなように返済プランを変えることができるので、借入プランとセットで返済プランも考えておきたいものです。

一般的な傾向としてはカードローンを活用する人というのは短期借入金を借りることが多いものです。生活の中において給料まで日数があると金欠になりますが、そうした状況でカードローンは短期借入金の効力を発揮してくれます。限度額から足りないだけの金額をすぐに借入することができ、融資を受けた金額の返済は後日の給料日にすぐに完済するという活用方法が可能になっています。カードローンは約定日に返済をする決まりですが、それ以外でも任意返済からいつでも好きな金額を返済でいるシステムになっているので、上記のように給料日前に金欠でも短期借入金を借り入れして給料日にすぐに完済をすれば、利息も安くなりかなり賢い活用をすることができます。

このようにカードローンなら短期借入金でも長期借入金でも自由に借入プランや返済プランを考えて利用することができるので、カードローン契約をしておけば様々な状況にしっかりと対応することができ、金欠の状況を上手く借り入れから凌ぐことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※人気大爆発!※長野県の優良消費者金融紹介は此処ですよ! All Rights Reserved.